妊活のために葉酸を積極的に摂取した

葉酸が妊活にいいということは知っていても、どんな風に摂取すればいいのかということや、いつ摂取するのがいいのかなどわからないという人もいます。私も妊活を始めるまで葉酸は積極的に摂取していたわけではないので、どのようなことが妊活に良いのかなどを調べてみました。

また、葉酸を摂取することで起こる良いことなどを紹介します。

(妊活に必要な葉酸の摂取目安はあるのか)

妊活で葉酸を取り入れるなら料理がおすすめ

結婚3年目で子供がなかなかできないなと思っていたとき、生理痛改善のために通っていたクリニックで妊娠についても相談してみました。妊活をしようと考えていたところなので、何か改善できることがあればしたいと思っていました。

葉酸を積極的に摂取してみてはどうかとアドバイスをされたときには、妊活にいいのならと取り入れてみることにしました。葉酸を摂取するといってもどうすればいいのかと思っていたのですが、食事面を改善すればいいということを教えてもらったので、そこから変えてみようと思いました。

食事で葉酸を摂取するにはどうしたらいいのかと調べてみたところ、ほうれん草やアスパラガス、春菊などの緑黄色野菜のほかにも納豆でも葉酸を取り入れることができるということがわかりました。自分が好きなものから妊活によい成分を取り入れることができるなら面倒なことをせずに生活に取り入れられそうです。

料理を少しずつ葉酸を多く含むものに変えていき、妊活をすすめることにしました。いろいろな料理で使えるので、毎日の食事に変化を入れることができました。妊活でも食事で葉酸を取り入れるのはいい方法だと思います。

葉酸のサプリメントは妊活だけではなく肌にも良い

妊活によいと言われる葉酸ですが、ほかにもどんな方法で摂取することができるのでしょうか。野菜はもちろん、サプリメントでも妊活におすすめということで販売されていました。サプリメントはそのメーカーなどによって、きちんと摂取方法や回数などが書かれているので確認してから選ぶといいです。

私は食事で摂取する他にも、足りなかったかなというときにサプリメントを取り入れるようにしています。サプリメントはいくつか錠剤やカプセルを飲むだけでいいので、簡単に葉酸を摂取できるのがいいですよね。また葉酸は妊活以外にも美容面でもよい効果を期待できるといいます。

スキンケアにもよい影響があるので、美肌になったという人もいます。最近はサプリメントで葉酸を積極的に摂取している人もいますが、それは妊活のためだけではなく、美肌になるために飲んでいる人もいるのです。

女性にとってスキンケアは一生続けていく、欠かせないものです。そのため妊娠するために飲んでいるサプリメントで肌によい効果を期待できるのなら、一石二鳥です。

(グミサプリで妊活に役立つ葉酸を摂取するメリットとデメリットとは)

葉酸を摂取することで子宮を元気にする

食事改善で葉酸を積極的に取り入れた料理を増やしていたのですが、実はこれがとても体によい影響を与えていたそうです。クリニックで生理痛の診察を受けていたとき、葉酸は生理痛にも良いと言われました。なのでそのことも考えてさらに葉酸をしっかりと摂取できる料理を作るようになったのですが、これは当然夫も一緒に食べているので葉酸を摂取していることになります。

実は葉酸は女性だけが摂取していればいいわけではなく、男性も葉酸を積極的に摂取することで妊娠しやすくなるということです。葉酸は造血ビタミンともいわれるほど血液を増やしたり、細胞を元気にする力があるといわれています。

葉酸を摂取することで血液を増やし体内の血行を改善したり、細胞の成長を促すことで子宮が赤ちゃんを授かりやすくすることができるのです。

つまり、子宮の血行を良くすることで子宮内膜を強化することができ、受精卵が着床したときもそれが成長しやすい環境に整えることができるようになります。しっかりとした元気な子宮にするためにも、葉酸は必要不可欠な成分なのです。

葉酸は夫婦で一緒に摂取しておくべき

男性も積極的に葉酸を摂取すると良いと先程も書きましたが、なぜ男性も葉酸を摂取するべきなのでしょうか。妊娠を希望しているのになかなか赤ちゃんができずに不妊治療を受けている夫婦は10組のうち1組はいるといいます。

そして、その不妊の30%が男性側が原因になっているのです。妊娠をしないのは女性側の責任という人も昔はいましたが、現在ではまったくそのようなことはありません。妊娠は女性にも男性にも原因がある可能性があります。

そのため、どちらも健康や体に気を使う必要があるのです。葉酸には先天性障害のリスクを低減する効果や、子宮内膜を強化する効果が期待できること以外にも、卵子と同じく精子の分裂にも効果があるといいます。葉酸が不足している男性の精子は、DNA細胞に問題がある可能性もあるので、それが原因で胎児の奇形のリスクや妊娠する確率が低いということです。

つまり男性も葉酸が不足しないようにしっかりと摂取するべきなのです。葉酸不足は夫婦のどちらにもよくないので、食事はもちろんサプリメントも一緒に摂取しておくべきだとされています。

女性は1ヶ月前から、男性は3ヶ月前から葉酸を摂取しよう

では夫婦で一緒に葉酸を摂取するのは、いつからがいいのでしょうか。女性は「妊娠をする1ヶ月前からが良い」と言われており、男性はできれば「3ヶ月前から摂取する」ことが推奨されています。私たち夫婦は、5ヶ月ほど前に一緒にクリニックへ行き説明を聞いて、その日から葉酸のサプリメントを摂取するようになりました。

摂取した栄養が精子になるまでには、大体3ヶ月は時間を必要とするといわれています。葉酸は妊娠する前だけではなく、妊娠しているのに気が付かないころに最も必要です。赤ちゃんはすごいスピードで成長していくため、成長に大切な栄養を摂取しようと葉酸をどんどん消費していきます。

この時期にしっかりと葉酸を摂取しておくことで、赤ちゃんの重い先天性障害のリスクを約7割も減らせるといわれているのです。私と夫はそのようなことをクリニックで説明されていたので、妊活中はとにかく栄養をきちんと摂取すること、そして葉酸のサプリメントをうまく利用しながら足りない部分を補っていました。

そのおかげか、1年後には自然妊娠することができたのです。夫も一緒に妊活に必要なことを学んでくれたからできたのだと思います。妊娠をしたい人は、葉酸不足にならないように普段から食事に気をつけましょう。

(どんな種類の葉酸を摂取するのが妊活のときには望ましいのか)

投稿日: